i-smile(アイスマイル)を受けた人がどう変わったのか調べてみた

i-smile(アイスマイル)を受けた人がどう変わったのか調べてみた

英語教材i-smile(アイスマイル)をきっかけに、たくさんの人が英語を話せるようになっています。中には英語が上達したのでアメリカに移住するのを決めた人もいるようです。

この記事では、i-smile(アイスマイル)で人生を変えた人の中から3人のお話を詳しくご紹介したいと思います。どんなきっかけでi-smile(アイスマイル)を始めたのか、その結果何ができるようになったのか。そうしたことに注目しながら読んでもらえれば、レッスンを受けたときの自分をイメージしやすいかもしれませんよ。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ

英会話の大切さに気づけた人の話

英会話の大切さに気づけた人の話

まずは英会話の大切さに気づけた人の話をご紹介しましょう。

英語は本当に必要なの?

学校での英語の授業のたびに、英語は本当に必要なの?と思っていました。日本なら日本語で十分じゃん、って思っていたんですね。でも社会人になってとあるアメリカ人と知り合うことになったんです。そのとき彼が、「僕は日本語をなんとか話せるけど、自分の気持ちをうまく表現できないんだよね…」と言っていたんです。

そのときなんか可愛そうだなあと思って。それでなんとなく英語が話せるようになったらいいなと思ってi-smile(アイスマイル)を見つけたんです。この話をすると「立派だね」と言われるんですけど、そんな大したことをしているつもりはありませんでしたよ。

本当の気持ちがわかる

i-smile(アイスマイル)では、ドラマなどのレッスンを通していろんな英会話のコツを教えてくれます。このときにどんなフレーズを使えばいいか、どんな表現の仕方をすればいいのかというのを、短いレッスン時間ながらきっちり伝えてくれるんです。

だから2か月くらいしたときに、あんなに英語が嫌いだった自分でも話せるようになったんだと思いますね。アメリカ人の彼も自分の気持ちをわかってくれる私に安心してくれて、知り合ったとき以上に親密な関係を築くことができています。ちなみに彼からは「君の英語なら全然通用するから、今度旅にでも行ってきなよ」と言われていますね。

新しい事業を始めた人の話

新しい事業を始めた人の話

次に紹介する方は新しい事業を始めた人の話です。

ずっと悩んでいた

海外の人向けにとある事業をしています。ただここ数ヶ月売上が横ばいで、どうすべきか悩んでいました。そしたらたまたまネイティブと話したときに、海外の人向けにも展開したらどうだというアドバイスをもらいまして。今思えばよく英語が苦手な自分にそんな助言をしたものだなあと(笑)。いろいろ考えましたが、i-smile(アイスマイル)が簡単に身につくと言っていたので、ネイティブがそう言うなら…と思って始めることにしたんです。

売上が伸びた

結論から言うとやってよかったですね。個人事業だったのでレッスンの時間が取れないかなと思っていたんですが…一回のレッスン時間がコンパクトにまとめられていたので続けやすかったです。多分そうやって毎日レッスンをしたから上達したんだと思います。

今はアメリカ人向けにも、もともと販売していた商品を展開しています。向こうの言葉が使えるので商品を説明するときも楽ですね。こうやって新しい事業を始めることができたので事業は今上向きです。i-smile(アイスマイル)と、i-smile(アイスマイル)を紹介してくれたネイティブには感謝しています。

海外ドラマや洋画が趣味になった人の話

海外ドラマや洋画が趣味になった人の話

最後に海外ドラマや洋画を見るのが趣味になった人の話です。

きっかけはささいなものだった

口コミを見ているとみなさん「英会話がどうしても話せるようになりたい!」って考えてやっているみたいですけど、自分はそんなに深く考えていなかったですね。ネットサーフィンをしていてたまたまi-smile(アイスマイル)を見つけて、「英語がわかるようになったら格好いいなあ」っていう感じで申込みました。

趣味を増やすのにもいい

我ながらよくそんなモチベーションで始めたのに、ここまでわかるようになったなと思いますよ。分厚い教科書を最初から最後までやるような勉強方法だったらすぐに断念したでしょう。絶対眠くなってすぐにやめたくなる自信があります。i-smile(アイスマイル)の基本トレーニングがドラマとゲームだったのが大きかったのかもしれません。

とにかく3か月経った今は、海外ドラマも洋画も字幕なしで見れるようになっています。次は何を借りようかな、なんてそんなことばかり考えていますね。英会話のための教材ですが、何か趣味を増やしたいときにもちょうどいい教材だと思います。

おわりに

おわりに

ネイティブと親密な関係になれた、売上が伸びた、趣味が増えた。こうして3人のお話を聞くと、i-smile(アイスマイル)はいろんな場面で役立つ英語が身につくことがわかりますね。

英会話ができるようになりたい人はもちろん、新しい道を切り開きたい人にもi-smile(アイスマイル)はおすすめの教材と言えるでしょう。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ トップページを見る