i-smile(アイスマイル)で英語が上達する理由と運営会社について

i-smile(アイスマイル)で英語が上達する理由と運営会社について

今回は、

「英語教材の弱点をクリアしたi-smile(アイスマイル)のすごさ」

「i-smile(アイスマイル)で話せるようになるのは○○を使うから」

「i-smile(アイスマイル)の会社はどうなの?気になるその実態」

というテーマに関して記事にまとめました。

英語教材としての凄さだけでなく、安心できる運営元なのかもチェックしていきたいと思います。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ

英語教材の弱点をクリアしたi-smile(アイスマイル)のすごさ

英語教材の革命家とも言えるくらい、次から次へと驚きのメソッドを利用しているi-smile(アイスマイル)。中には「そんな方法で、本当にできるようになるの??」と一見思ってしまうものもありますが、実はそれも英会話上達に不可欠なものだった、ということもあるのです。

そんなismile(アイスマイル)のすごさと言えば、やはり従来の英語教材が持つ弱点を克服していること。「i-smile(アイスマイル)という英語教材が詐欺じゃなかった件」でも紹介しましたが、まだまだあります。ここで2つ追加でご紹介しますので、前記事と一緒にチェックしてみてください。

クリアした弱点1「講師が対面で指導」

クリアした弱点1「講師が対面で指導」

独自の会員サイトを使って授業を行う英語教材では、スマートフォンを始めとする手元の端末で完結する、というのウリにしているのがほとんどです。それもあってか、英語講師が対面で指導する機会を設けた教材は、明らかに多くありませんでした。

いつしか、一部の人からは「英語教材は対面指導がないもの」と思われていましたね。「だから英語が話せるようにならないんだ!」と考える人もゼロはなかったです。しかし、i-smile(アイスマイル)によって、そのイメージは打ち壊されるようになります。

ワークショップに無料参加

i-smile(アイスマイル)に入会すると、特典として「対面指導&ワークショップ2回分」がもらえます。これを利用することで、従来の英語教材にはほとんどなかった対面指導を受けられるようになっているのです。しかもワークショップでもあることから、参加者同士で英会話を繰り広げたりするなどの時間もあります。

このようにリアルな場面で講師からアドバイスを受けつつ、アウトプットをするとなれば上達しないわけがありませんよね。「対面指導&ワークショップ」に参加した人からも大好評で、

「自分で学習しているだけだと、不安がどこかにあった。でも今日、こうして先生や仲間と直接出会って、他愛もない話を交えながらトレーニングしたことで、英語学習に対するモチベーションが上がった」

という声もあります。

またこの「対面指導&ワークショップ」は毎月主要都市で開催されていますが、直接行くことがどうしても難しい人のために、オンラインでのワークショップが用意されています。また実際に開催されたワークショップの動画を見る権利ももらえるので、地方に住んでいるから不利になるということは決してありませんよ

短期海外留学

さらにi-smile(アイスマイル)では、短期海外留学も用意しています。2か月間のプログラムを終えた段階で参加でき、直接海外の語学学校に行って勉強できるようになっているのです。アウトプットトレーニングの機会があるのだけでも珍しいのに、それがより実践的な環境で得られるとなると、もしかしたらismile(アイスマイル)だけかもしれません。

こちらに関しても参加者からは、大変評判がよく、中には海外旅行のハードルがぐんと下がったという人も。ただ英語のスキルが上がるだけでなく、参加者ひとりひとりのメンタルにも、非常に良い影響をもたらしているようです。短期海外留学については、「海外旅行・短期留学したいならi-smile(アイスマイル)がおすすめな理由」で詳細を書いているので、一緒に読んでもらえたらと思います。

クリアした弱点2「個人に合わせた教材でレッスン」

クリアした弱点2「個人に合わせた教材でレッスン」

英語教材の多くは、オリジナルのメソッドを元に、受講者のスキルアップを実現させるものです。それは裏を返せば、あらかじめ決められたカリキュラムに沿って、勉強するというスタイルと言うことができます。

しかし受講者のスキル事情やニーズは、さまざま。そのスタイルだとやはりどこかで「ちょっと違うな…」「これを勉強したいわけじゃないんだよな」と、少なからず教材とレッスンの受講者の間にズレが生じてしまいます。そしてそれが、挫折してしまう理由になっているのも事実。そんな中で、i-smile(アイスマイル)は、なんと受講者が自分で勉強したい内容を決めることができる、というカリキュラムを用意しているんです。

自分で勉強したい内容を決められるとは?

カリキュラムを具体的に説明しましょう。i-smile(アイスマイル)では、あらかじめ決められたフレーズを受講者に教えてくれます。それは従来の英語教材と同様なんですが、受講期間の最後に自分で使いたいフレーズを考え、それを練習できる授業があるんです。それによって例えばネイティブと仲良くなるための受け答え、ビジネスで取引先と契約を決めるときの会話の運び方など、ピンポイントでトレーニングすることが可能になっています。

実際の会話とまったく同じ練習ができる

i-smile(アイスマイル)では、これをオリジナル英会話レッスンと呼んでいます。自分でフレーズを考え、そして発音する。これはまさに、実際の会話で求められていることです。言い換えれば、i-smile(アイスマイル)の受講が終わった直後から、実践に挑めるように準備ができるということ。ismile(アイスマイル)で話せるようになった、と多くの人が語るのは、この授業のおかげとしても過言ではありません。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

英語教材の弱点をクリアしたi-smile(アイスマイル)の総括

英語教材の弱点をクリアしたi-smile(アイスマイル)の総括

i-smile(アイスマイル)には、「ワークショップ」と「オリジナル英会話レッスン」によって、これまでの英語教材にあった弱点を克服しています。これは特に、他の英語教材で話せなかったと悩んでいる人に、効果バツグンであることは間違いありません。英語を今でも諦めたくない気持ちが少なからずあるのであれば、ismile(アイスマイル)を選んでみてはいかがでしょうか。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)で話せるようになるのは○○を使うから

i-smile(アイスマイル)は、わずか2か月という期間でネイティブレベルになれると謳う英語教材です。それは決して夢物語ではなく、口コミを見ていても、多数の人が英語を自在に操れるようになっていることがわかります。

特に印象的なのは、他の英語教材で身につかなかった人でも成長していること。しかもやっぱり、他の人と同じく短期間で英会話マスターになっていることです。この記事では、そのワケについて探っています。

i-smile(アイスマイル)で上達するのは身体を動かすから

i-smile(アイスマイル)で上達するのは身体を動かすから

ひとつ目の結論を言いましょう。英語挫折者がi-smile(アイスマイル)で急成長できるのは、ismile(アイスマイル)のレッスンが積極的に「身体」を使うようになっているからです。

身体を動かすとはどういうことか

身体を動かすと言っても、ジムなどのように全身を全力で動かすわけではありません。i-smile(アイスマイル)で動かす身体は目・耳・口・手です。これら各部位を動かすように、レッスンには組み込まれています。

どう動かすのか

i-smile(アイスマイル)は、ドラマを使ったレッスンがメインとなっています。ただ実際には、ドラマを見終わったあとに、別の音声ファイルでドラマで使われたフレーズを聞きながらアウトプットする時間や、ゲームを使って復習する時間があります。これがismile(アイスマイル)の毎日のレッスンの構成なんですが、もうおわかりですね?

英会話に必要なフレーズを、ドラマを通して目で確認します。そして音声ファイルを使って耳と口を動かします。そしてスマホゲームで、手を動かします。このように1日の中で、たとえ同じフレーズでも身体の違った部分を動かすのが、i-smile(アイスマイル)のレッスンの特徴です。

身体を動かすことで上達する理由①

このように身体の各箇所を動かすことで、英会話に必要なフレーズがどんどん身についていきます。その理由は、人はあるものに対して、身体の各所を使って経験をしたほうが忘れにくいからです。食べたことのない料理の名前より、食べたことがある料理の名前のほうが、簡単に思い出しやすいのと同じ。初対面の人との会話でも、単なる立ち話より、食事をしながらのほうが覚えているのと同じです。

言葉もそうですね。ただ教科書を眺めているよりも、ちょっと口に出してみたり、誰かが使っていたのを聞くほうが記憶していたりします。i-smile(アイスマイル)は、そうした人の記憶の仕組みをうまく活用しているから、短期間で上達が目指せるんですね。

身体を動かすことで上達する理由②

もうひとつ理由があります。それは飽きを予防できることです。特にi-smile(アイスマイル)の場合、2か月間毎日レッスンを受けることになっています。ismile(アイスマイル)のドラマは本格的な作りで面白いですが、もし受講期間中そればかりを見させられたら、やっぱり飽きてしまうと思います。

でもこうしてさまざまなトレーニングがあり、それを一定の間隔で受けることができるので、常に刺激のある状態で進められるんです。飽きが来なければ自ずと継続でき、結果的にスキルアップとなります。これが上達する理由のふたつ目です。

ismile(アイスマイル)で上達するのは、歌を積極的に使うから

i-smile(アイスマイル)で上達するのは、歌を積極的に使うから

英語挫折者がi-smile(アイスマイル)で急成長できる理由は、「歌」を積極的に採用しているからです。

ABCソング

i-smile(アイスマイル)では、入会直後に特別な「4日間のレッスン」「i-smile(アイスマイル)が今注目を集めている本当の理由を考えてみた」で詳しく紹介しています)が用意されています。これは、ドラマによる本格的なレッスンについていけるようにするもの。このレッスンに採用されているのがABCソングです。

小学生や中学生のとき、あるいはそれ以外のときでもいいですが、ABCソングはどこかで聞いたことがありますよね。i-smile(アイスマイル)では、そこにちょっとした工夫を入れて、それを歌うだけでどんどん発音がなめらかになるようにしてくれているんです。

主題歌

i-smile(アイスマイル)のドラマには、主題歌「I Smile in the Rain」が付いています。これは、i-smile(アイスマイル)の筆頭講師、デイビッド・セインが作詞したものです。歌詞のワンフレーズごとに、AからZのアルファベットが順番に入っているのが特徴ですね。

歌を採用することで上達する理由

歌の採用で上達する理由は簡単です。つまらない文字の羅列でも、音楽があれば楽しく読めますよね。あと、かなり早く覚えることができます

一度洋楽で、音楽を聞かずに歌詞を覚えようと挑戦したんですが、あまりにもつらくてやめたことがあります。でも音楽と一緒に聞いていたら、すぐにスラスラと歌詞が言えるようになりました。もし私と似たような経験をされているのであれば、歌を積極的に採用しているismile(アイスマイル)は相性が良いと思いますよ。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

身体を使って英語を身に付ける意味

身体を使って英語を身に付ける意味

「身体を動かす」「歌を積極的に使う」

実はこうしたことは、他の英語レッスンではあまり採用されていません。例えば収録されたCDを聞いて学ぶものがあるでしょう。その教材で英語力が上がらなかったのは、耳しか使っていないことがあげられます。

英会話教室で上達できなかったのは、もしかしたら目で十分に必要なフレーズを確認する時間がなかったからかもしれません。あるいは発音練習が、ただ書かれた文章をひたすら読み続けるというものだったかもしれませんね。

今のようなケースは、どの英語レッスンにも当てはまるとは限りません。ですが、事実として、たくさんの英語挫折者がi-smile(アイスマイル)で急成長をしているんです。もしこれまで受けてきた授業やこれまでしてきた勉強を振り返ってみて、「あまり身体を意識してこなかったな」と思うのであれば、i-smile(アイスマイル)は適切な教材だと思います。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)の会社はどうなの?気になるその実態

i-smile(アイスマイル)が怪しい…と思う理由のひとつに、多くの人が販売している株式会社Creajoyをあまり知らないことがあげられます。確かに例えば同じ掃除機を買うにしても、有名なメーカーやCMをよくやっている会社で販売しているもののほうが安全に見えますよね。

でも会社を知らないというだけでismile(アイスマイル)から離れてしまうのは、あまりにももったいないことだと思います。この記事で株式会社Creajoyについてご紹介するので、ほかの英語教材を探す前に見ていってください。

口コミを徹底調査!株式会社Creajoyの実態を明らかにしよう

口コミを徹底調査!株式会社Creajoyの実態を明らかにしよう

会社の実態を探るには、やっぱり正直な意見が書かれている口コミを見るのが一番です。というわけでここで3つの口コミをピックアップし、それぞれから株式会社Creajoyの正体を暴いていきたいと思います。

口コミ①「申し訳ないくらいの気持ちになった」

一言で言えば申し訳ないくらいの気持ちになりましたね。だってウェブサイトを見ればすぐにわかるようなことを聞いたのに、ものすごく丁寧にメッセージを送ってきてくれたんだから。ああやって対応してくれると自然に嬉しくなるし、なんかそれだけでこの会社っていいなって思える。なんだかんだi-smile(アイスマイル)が続いているのも、会社が誠実に対応してくれるからですね。

ウェブフォームからラクラク問い合わせ

口コミには、今のような問い合わせ窓の対応を高く評価するものが結構ありましたね。どんな質問に対しても決して手を抜かないというまっすぐな姿勢がi-smile(アイスマイル)にも現れている、というものもありました。

ちなみに問い合わせはウェブサイトにアクセスするとすぐにウェブフォームが開き、簡単に問い合わせられるようになっています。このことから株式会社Creajoyは、常に利用者のことを考えている会社だと言えますね。

口コミ②「デイビッド・セイン先生だから安心」

i-smile(アイスマイル)を作っている会社って、デイビッド・セイン先生が運営しているんですよね。先生の本は何冊か持っていたのでよく知っていました。だからあまり会社とか、ismile(アイスマイル)が詐欺かもとかは気になりませんでしたね(笑)

全国に知れ渡っている有名な人

デイビッド・セイン先生は多数の書籍を出して、その名前と実力が広く知れ渡っている人です。NHKの英語番組のレギュラー出演したり、新聞でコラムを連載しているなどもしています。株式会社Creajoyは英語教師の中でおそらく一番有名な先生が運営しているんですね。それだけでi-smile(アイスマイル)の安全性が見えてきませんか。

口コミ③「英語学校に友人が通っていた」

株式会社Creajoyについていろいろ調べていた。そしたら会社の場所が、デイビッド・セインが校長をしているエートゥーゼット英語学校と同じだということがわかった。その英語学校に通っている友人に話を聞いたら、学校は明るい雰囲気とのこと。子供さんも多くいて楽しい雰囲気だそうだ。株式会社Creajoyは怪しいところではないと間違いなく言えるだろう。

評判のいい英語学校

エートゥーゼット英語学校は、日本語が堪能なネイティブが多数所属する英語学校です。生徒さんの要望に合わせたカリキュラムとスケジューリングで、自由に英語を学べるのが特徴となっています。とても評判のいい学校で、その学校と同じ住所なら信頼性は高いと言えますね。ismile(アイスマイル)がレッスンを受ける人のことを考え、楽しく学べるように作られているのは、その学校で培われたノウハウも継承されているのかもしれません。

“Creajoy”に隠された理念

“Creajoy”に隠された理念

株式会社Creajoyの口コミを見てきましたが、レッスンを受ける人のことを真剣に考えていることが伝わってきましたね。実はその思いというのは、会社の名前にも宿っているんです。

「CREATE YOUR JOY.」

株式会社CreajoyのCreajoyは、「CREATE YOUR JOY.」という一文から作られた言葉です。直訳すると「喜びを創造する」。株式会社Creajoyは英語教材i-smile(アイスマイル)を使って、多くの人の喜びを作ることを目指して設立された会社なんです。

ismile(アイスマイル)から喜びへ

株式会社Creajoyによれば、英語というのは今や世界の共通言語になりつつあります。つまり英語が話せるようになれば、文化が違う人や生活環境が異なる人など国の垣根を越えて人と繋がることができるんです。その繋がりは単なるコミュニケーションにとどまらず、お互いの思いを知り、アイデンティティを認め合うもの。このときに、お互いの間に喜びが生まれると株式会社Creajoyは考えているようです。

だからこそ株式会社Creajoyでは、繋がりと喜びのためにレッスンを受ける人に対して丁寧に接することを第一に考えています。お問い合わせの対応やi-smile(アイスマイル)の作り込みは、まさにこの理念から来ているんだと思いますね。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)の会社に関する総括

i-smile(アイスマイル)の会社に関する総括

メーカーが気になる人は多いですが、メーカーに対して口コミを書く人はあまりいませんよね。どちらかと言えばその商品に対する評価をすることが多いと思います。

その中で株式会社Creajoyが評判になっているのは、i-smile(アイスマイル)の制作会社として英語を勉強する人を影で支えてきた、その態度がきちんと伝わっているからなんだなと感じました。この記事で株式会社Creajoyの実態を知った人は、ismile(アイスマイル)の申込みを改めて考えてみてくださいね。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ トップページを見る