i-smile(アイスマイル)が今注目を集めている本当の理由を考えてみた

i-smile(アイスマイル)が今注目を集めている本当の理由を考えてみた

i-smile(アイスマイル)を始めようかと悩んでいる人に向けて、

「i-smile(アイスマイル)が今注目を集めている本当の理由」

「i-smile(アイスマイル)と相性が良いかがわかる5チェック」

「i-smile(アイスマイル)を躊躇っている人に聞いてほしいこと」

という3つにのテーマに分けて記事にしてみました。

安心してi-smile(アイスマイル)を受講してもらえるように、支持される理由やコンテンツの素晴らしさについてまとめています。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)が今注目を集めている本当の理由

i-smile(アイスマイル)は、「本当に英語力を磨きたいなら、この教材が一押し!」とさえ言われている英語教材です。発売当時だけでなく、しばらく経っている現時点でも、その熱い視線は変わりませんね。こんな英語教材があっただろうか、とも言われているほどです。

なぜ、ここまでismile(アイスマイル)は注目を集めているんでしょうか。よくよく調べてみると、その理由のひとつが「本当に英語が苦手な人でも、安心して取り組める4日間のレッスンがある」ことがわかりました。この記事で詳しく紹介していきますので、勉強しても身につかないんだ…と悩んでいる人は、ぜひこちらを参考にしてください!

4日間のレッスンとは?

4日間のレッスンとは?

i-smile(アイスマイル)では、入会すると随時専用のレッスン動画が配信されます。その動画がドラマ仕立てになっていて、それによって楽しく英語を磨けるのが特徴ですね。でも実はその前に、4日間ほど準備期間と称したレッスンをしてくれるんです。

4日間のレッスンの内容

4日間のレッスンの内容

具体的に説明します。4日間のうち3日間は、英会話でよく使う型をスライドで紹介してくれます。そのあと、その型のネイティブ発音を事前に収録された音声ファイルを再生して聞いたら、オリジナルのスマホゲームで復習。最後にismile(アイスマイル)独自のABCソングを歌って、発音をネイティブに近づけていくんですね。

1日目から3日目まで、習う型はそれぞれ次のように違います。

・1日目…Do型

Do型とは、いわゆる普通の動詞を使った型のこと。例えば、「I want to ○○」「I’d like to ○○」のようなものです(この○○にDo、つまり動詞の原形が入る感じですね)

・2日目…Doing型

Doing型は、動詞のing形が使われている型のこと。「There is ○○」「Where are ○○」などがあります。

・3日目…人・物型

人・物型は、その名のとおり人物や物体を使った型のことです。「I feel like ○○」「I’m good at ○○」などがあります。

そして、4日目で、上述した3日間のレッスンを復習していきます。ここでするのは復習用のスマホゲームのプレイ、それから自分が歌ったABCソングを録音して、i-smile(アイスマイル)のほうに課題として提出することです。

なぜ英語が苦手な人が安心して取り組めるのか

なぜ英語が苦手な人が安心して取り組めるのか

どうしてこの4日間のレッスンが、英語が苦手な人にとっていいのか。その理由は二つあります。

①肩の力を抜いてレッスンが受けられる

一つは、この4日間のレッスンでは、難しい単語や表現方法は一切使われないことです。むしろ学校で習ったような、ごくごく簡単なフレーズしかないのが特徴ですね。むしろ、これまで習ってきたことを、もう一回しっかり“思い出す”時間だと思ってください。

また4日間のレッスンでは、i-smile(アイスマイル)の指示に従って、上から順番にレッスンをしていくだけで終わります。レッスン全体がちょっとしたゲーム感覚で、楽しくなれるのも魅力でしょう。

こういった理由もあって、この4日間のレッスンを受けるために、何かあらかじめ勉強したりスケジュールを立てたりする必要は一切ありません。肩の力を抜いて取り組めるので、英語が苦手な人でも安心なんですね。

②簡単に記憶できる

それからこの4日間のレッスンの良いところは、無理に覚えようとしなくても、自然に頭の中に記憶できることが挙げられますね。なぜかと言うと、いろんな身体の部位を動かしてレッスンをしていくからです。例えば次のようなことです。

内容 動かす身体の部位
さまざまな型が紹介されたスライドを見る
ネイテイブの発音を聞く
スマホゲームをプレイ
歌を歌う

より効率的に覚えるためには、こうして各所を順に動かすのが有効です。教科書を読むより身体を動かしたほうがその内容が、歌詞カードをただ見るより実際に歌ったほうがその歌詞が、覚えるのが早いですよね。それと同じです。

英語が苦手な人の中には、「英語が覚えられない」「習ってもいざ実践になると使えない」という理由で、英語から離れている人も多いと思います。でもこの4日間のレッスンなら、そんな心配は無用なんです。

4日間のレッスンのおかげで上達した人多数

4日間のレッスンのおかげで上達した人多数

i-smile(アイスマイル)のドラマも英語が苦手な人や、初心者の人にも優しい設計です。でもこれまで英語が苦手な人にとって、それはちょっとハードルがやっぱり高い。そんなときに、こうした4日間のレッスンが役立ちます。

これがあるおかげで、5日目以降の本格的なトレーニングもきちんとついていけた人、2ヶ月間頑張って練習できたという人は、口コミだけ見ても本当に多いです。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)が注目されている理由の総括

i-smile(アイスマイル)が注目されている理由の総括

今までの英語教材にも、確かに英語がスピーディーに身につくようなメソッドがたくさんあります。でも、だからと言って、英語が苦手な人が早速取り組めるかどうかは、また別問題だと思います。実際、商品の紹介では簡単そうに見えたけど、実際やってみたら意外と大変だった、という理由で挫折してしまった人も少なくないです。

i-smile(アイスマイル)の4日間のレッスンは、こうした事態を避けるためのものです。ちゃんとレッスンをやり通せるのが不安、もう挫折したくないと思っている人は、ismile(アイスマイル)を選んでみてはいかがでしょうか

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)と相性が良いかがわかる5チェック

i-smile(アイスマイル)は、多数の書籍を刊行しているデイビッド・セイン先生が筆頭講師を務めている英語教材です。日本人が苦手なポイント、日本人が英語を勉強するにあたって効率のよい方法を熟知したデイビッド・セイン先生が携わっているだけあって、たくさんの人がスキルアップに成功しています。

この記事では、そんなi-smile(アイスマイル)の特徴から、よりismile(アイスマイル)と相性の良いチェック項目を探しました。自分がi-smile(アイスマイル)に向いているかどうか、確かめるためにぜひ確認していただければと思います。もちろん、このチェック項目に当てはまらなかったとしても、これから意識してもらえれば英語のレベルは上がるはずです。なので、安心して最後まで読み進めていただければと思いますよ!

5つのチェック項目

5つのチェック項目

まずは、チェック項目をご紹介します。下記の項目にひとつでも該当すれば、相性が良い証拠です。

①明確な目標はあるか

②細かい部分を気にしないほうか

③自分の落ち着ける場所はあるか

④1日のトータルのスキマ時間は、30分以上あるか

⑤困ったらひとりで悩まず、すぐ誰かに聞く癖があるか

なぜその項目に当てはまると相性が良いのか

なぜその項目に当てはまると相性が良いのか

続いて、なぜ上記のチェック項目に当てはまると、i-smile(アイスマイル)と相性が良いのか理由を話していきます。

①明確な目標はあるか

どんな勉強でもそうですが、明確な目標はあったほうがいいです。というのも、目標があることで、例えば勉強していて苦しいときや悩んだときに、モチベーションを持ち直すことに役立つからですね。自分はこのために勉強しているんだ、ああなりたいから勉強したいんだと強く思うことで、もう少し頑張ってみようと思うことができます。

こうした精神論になると、抵抗が覚える人もいるかもしれません。しかし実際、口コミを見ていると、この目標があったおかげでi-smile(アイスマイル)のレッスン期間、つまり2か月間をやり通すことができ、結果的に話せるようになった人はたくさんいます

ismile(アイスマイル)では、通常のレッスンであるドラマやゲームは、毎日自動で配信されるので取り組もうという気持ちになりやすいです。でも例えばオンラインレッスンであったり、ABCソングであったりというのは、前向きな気持ちがないと腰がなかなか上がらなかったりします。そんなときに、自分自身の背中を強く押すという意味で、英語を話す自分をイメージして取り組むのが非常に重要になってくるんです。

②細かい部分を気にしないほうか

英語学習において、細かい部分を気にしないほうが吉と出ることが多いです。なぜかと言うと、完璧なリスニングスキルやスピーキングスキルを身につけるのが難しいからですね。

日本語の場合を考えるとわかりやすいかもしれません。日本語でも、すべての漢字を読めることはほとんどの人ができないでしょう。多くの人が、すべての日本語の意味や使い方を把握しているわけではないですよね。でも、私たちは日本語を使って話すことができます。むしろ、会話の中で新しい言葉の意味や使い方、話術を磨いていくことのほうが多いはずです。

英語もそれと同じで、最終的に英会話のスキルというのは、実際の会話において磨かれていきます。ですので話すためには、最初から発音の細かい部分や、文法やフレーズをすべて覚えるのではなく、とにかく話す意識を持つことが第一条件になります。そういった意味で、細かい部分を気にしない人のほうが、i-smile(アイスマイル)には向いているんです。

③自分の落ち着ける場所はあるか

i-smile(アイスマイル)の勉強は、いつでもどこでも、自分の好きなタイミングですることができます。英会話教室のように強制力がなく、自由にトレーニングできるのが魅力です。それは反面、自分次第でサボることもできてしまうということですよね。

人の集中力というのは長時間持たないのが普通です。また毎日同じようなモチベーションの高さを、常に維持できる人のほうが珍しいです。

でも英語学習は継続こそ、成功への近道。じゃあどうすればいいのかと言うと、自分のやる気が少し落ちていても集中できる場所=落ち着ける場所でレッスンをすることです。人によってはお風呂場だと集中できる、トイレだとなぜか捗る、などがあると思います。ですので、そうした場所があるほうが、ismile(アイスマイル)での成功もつかみやすいと言えるんですね。

④1日のトータルのスキマ時間は、30分以上あるか

i-smile(アイスマイル)に入会すると、毎日15分のドラマを見ることになります。そしてアウトプットのトレーニング、それからゲームによる復習があります。1日の勉強時間は、トータルで30分は必要になるでしょう。だから30分以上ある人は、相性が良いと言うことができます。

でも、これは連続で取る必要はありません。朝10分、昼10分、夜10分でもi-smile(アイスマイル)のレッスンは十分に受けられますし、効果は変わらないんですね。だからこの項目では、“1日のトータル”にしています。仕事や家事で何かと忙しい人がこの項目を見るときは、“1日のトータル”で30分以上あるかどうかでチェックしてみてください。

⑤困ったらひとりで悩まず、すぐ誰かに聞く癖があるか

i-smile(アイスマイル)は、ひとりで学習するスタイルの教材であり、それが魅力だったりします。それは逆に、困ったときや不安になったときにドツボにハマりやすいということでもあるんですね。そうなってしまえば、学習のやる気というのは落ちてしまいます。先程お伝えしたような、英語学習において重要な継続にも悪影響を及ぼしかねないでしょう。

そうした事態に陥らないようにするためにも、積極的に誰かに聞くことが大切になってきます。i-smile(アイスマイル)でもそこは十分に理解しているから、24時間相談を受け付けている「ホストファミリー」というサポートがあるんです。

よく何でもすぐに人に聞くのはあまり良くないことだ、という風潮がありますよね。それだとなかなか上達しないんだ、という話もあります。

でもそれは、すぐに誰かに聞ける環境だけに通用する話だと思うんですね。ismile(アイスマイル)のように普段はひとりのようなときは、むしろ積極的にアドバイスを求めたほうが、かえって上達スピードは上がっていきます。そういった意味で、すぐに誰かに聞く癖を持っている人は、i-smile(アイスマイル)と相性が良いと言うことができますね。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)との相性に関する総括

i-smile(アイスマイル)との相性に関する総括

今回ご紹介した内容に当てはまらなかった人でも、この点を意識すればismile(アイスマイル)との相性は良くなります。それはそのまま、英語上達に繋がるといっても過言ではないですね。どれも何かすごい努力をしなければならないと思います。

ちなみに、このサイトの別の記事では、「i-smile(アイスマイル)を受けた人がどう変わったのか調べてみた」という記事もあります。一緒にチェックしてもらえたら嬉しいですね。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)を躊躇っている人に聞いてほしいこと

i-smile(アイスマイル)は、2か月で英語上級者に到達できると言われている英語教材です。「そんな都合の良いものがあるものか」、受ける前の私は、当時そんなふうに思っていましたね。しかし実際やってみると…本当に英語が話せるようになったんです。

最後に、i-smile(アイスマイル)を受けた複数の人から聞いた、「i-smile(アイスマイル)を始めたきっかけ」についてまとめました。また合わせて、ちょっとしたi-smile(アイスマイル)に関する裏話もどんなことがismile(アイスマイル)を受けてみよう!という決め手になったのか。i-smile(アイスマイル)の申し込みを躊躇っている人は、ぜひ聞いてほしい内容です!

i-smile(アイスマイル)を始めたきっかけは?

i-smile(アイスマイル)を始めたきっかけは?

レッスンの受講者に「始めるきっかけ」をヒアリングしたところ、次のようなものがありました。

1.無料のプレゼントがある

2.無料の動画に感動した

それぞれ、次の項目で詳しく見ていきましょうね。

無料のプレゼントがある

調査する中で、一番多かったのはやっぱりこの無料プレゼントでしたね。無料プレゼントとは、i-smile(アイスマイル)に入会する前にもらえる特典で、次の4つがあります。

・オリジナルの自己紹介の英文

ismile(アイスマイル)がプレゼント申込者ひとりひとりに合わせて、オリジナルの自己紹介文を作成してくれる

・トラベル英会話プライベートレッスン

海外旅行中のあるシーンで使えるフレーズについて教えてくれる。発音のチェックも無料

・オリジナル復習用スマホゲーム

レッスンで習得したフレーズを、記憶に確実に定着させるゲームの体験版

・カスタマーサポート活用マニュアル

海外のカスタマーサポートに連絡する方法を教えてくれる教材。これによって、自宅にいながら英会話できる環境を作ることができる

以上を見てわかるように、これほど多くの無料プレゼントをもらえることは、他の英語教材でもなかなかありません。しかもそのどれもが、料金がかかってもおかしくないほどに充実しているんですね。そのレベルの高さは、「i-smile(アイスマイル)詐欺教材ではない。本物だ」と確信する人が多いことからも伺えます。

ちなみにi-smile(アイスマイル)の無料プレゼントは、i-smile(アイスマイル)のLINE公式アカウント(@qff7546x)を友達登録し、配信されてくる動画に感想を送ることでもらえます。手続き自体も簡単なので、半信半疑の人もやってみることをおすすめしますよ。

無料の動画に感動した

無料の動画に感動した、という人も多かったです。無料動画とは、上述した無料プレゼントをもらう際に視聴する動画のことですね。この動画では、監修したデイビッド・セイン先生と、彼が最もその実力を認めている日本人講師・小野あきこ先生、それからフリーアナウンサーの小川まきさんと沖津ななさんが出演。小川さんと沖津さんが、2人の先生にi-smile(アイスマイル)の上達する理由などを聞く、という構成になっています。

その動画でみなさんがどこで感動しているのかというと、デイビッド・セイン先生や小野あきこ先生がismile(アイスマイル)にかけた熱い思いを語るシーンです。フリーアナウンサーの2人も思わず涙していましたが、私もかなり感動しましたね。

どんなものでも、人の思いが詰まっているのを目の当たりにすると感動しますし、安心しますよね。この教材は大丈夫なんだ、と思うことができます。だから、i-smile(アイスマイル)を始めようと思った人が多かったんです。

ismile(アイスマイル)の裏話

ismile(アイスマイル)の裏話

次に、私が始めたきっかけのひとつになった話をしたいと思います。読者の方全員に当てはまるものではないと思いますが、参考にしてもらえたら嬉しいです。

i-smile(アイスマイル)を知った当時のこと

「1本15分のドラマを2か月間毎日見ることで、英語が上達する」という衝撃的なキャッチフレーズを持つのが、英語教材i-smile(アイスマイル)です。これまでの教材にはなかった物珍しいメソッドということもあって、発売後、あっという間に英語業界にその噂は広まりました。

私がi-smile(アイスマイル)の存在を知ったのは、知り合いに英語講師がいたからです。その英語講師も、ismile(アイスマイル)の内容を聞いて衝撃を受けていました。なので私も、i-smile(アイスマイル)が業界にもたらしたインパクトは少なからず感じていましたね。

i-smile(アイスマイル)を知って、始める

ただ結局のところ、「何が素晴らしのか」「何が優れているのか」についてはあまり語られては来なかったよう思います。なので、あまり魅力がよくわからなかったんですが…英語は身につけたいと思っていたので、独自にi-smile(アイスマイル)を調べました。

その結果、i-smile(アイスマイル)を始めるようになったんですが、きっかけは何よりも安心感でしたね。無料のプレゼント、動画、口コミ、デイビッド・セイン先生のことなど。徹底的に調べて、この教材は安心だと自分で思うことができたんです。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

安心してi-smile(アイスマイル)をやってほしいから

安心してi-smile(アイスマイル)をやってほしいから

英語教材では、ちゃんと上達するメソッドが組み込まれていることが大事です。でもそれと同じくらい、信頼関係も大切です。信用できなかったら、どんなに良いことを言われても胸に響きません。

だからもし、ismile(アイスマイル)の申し込みを躊躇っている人がいたら、気になることをどんどん調べてもらいたいなと思います

このサイトは、そのために立ち上げました

i-smile(アイスマイル)の内容を可能な限り網羅しているので、ぜひ他の記事も参考にしていただき、ご自身で安心感を掴んでいただけたら嬉しいです。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ トップページを見る