i-smile(アイスマイル)という英語教材が詐欺じゃなかった件

「i-smile(アイスマイル)は詐欺なんじゃないの?」

「そもそもこの手の英語教材って信じられないんだよね」

i-smile(アイスマイル)の口コミを見ていると、怪しい…と思ってレッスンを受けるのをためらっている人がいますね。他サイトでi-smile(アイスマイル)の効果はすごい!とも書かれていますが、あまりにも褒め称えるので半信半疑になるのも無理はないのかなとも思います。

ただ結論から言うと、i-smile(アイスマイル)の効果は本物です。

この記事ではi-smile(アイスマイル)という英語教材怪しいと思う理由を解説し、その上でi-smile(アイスマイル)が詐欺教材ではないことをメソッドを解説しながら立証していきます。i-smile(アイスマイル)を安心して始めたい人はぜひ参考にしてください。

i-smile(アイスマイル)って何?

i-smile(アイスマイル)って何?

i-smile(アイスマイル)は、2か月の継続でネイティブとスムーズなコミュニケーションができるように作られた英語教材です。これだけ聞くと確かに怪しいと思われがちですが、i-smile(アイスマイル)の筆頭講師をしているのはあのデイビッド・セイン先生です。

デイビッド・セイン先生とは

デイビッド・セイン先生は、英会話を自分で勉強しようとした人であれば一度は聞いたことがあるでしょう。先生はこれまで多数の本を出版していて、ちょっと大きな本屋さんの語学書コーナーに行けばたくさん並んでいます。

インターネットで見つける英語教材は、今まで聞いたことがない先生が講師をしているときがありますよね。そうした先生もきっと素晴らしい功績を持っているんだと思いますが、最初からよく知っているのとそうでないのでは安心感が違います。

どんなに優れた英語教材を使っても、不信感たっぷりでは上達することはできません。「この先生が教えてくれるなら大丈夫」という気持ちは、語学勉強をする上ではとても大事。そういった意味で、i-smile(アイスマイル)はほかの英語教材より一歩リードしているとも言えるでしょう。

デイビッド・セインの実績をまとめたときにわかったこと

日本人のための英語教材

デイビッド・セイン先生は20数年前に日本に来て以来、多くの人に英語を教えています。先生の授業を受けたことで英語が話せるようになった人は数知れずです。

ただ生徒の中にはもちろんスムーズに英会話ができる人もいれば、なかなか上達しない人もいたことでしょう。ただ多くの功績を持っているのは、先生が日夜教え方の研究をしてきたからだと思います。デイビッド・セイン先生は言うなれば日本人に英語を教えるスペシャリスト。そんな先生の経験のエッセンスが、今回のi-smile(アイスマイル)には詰まっています。

i-smile(アイスマイル)が怪しいと思う理由とは

i-smile(アイスマイル)が怪しいと思う理由とは

i-smile(アイスマイル)は、英会話教育の第一人者であるデイビッド・セインが筆頭講師を務める英語教材。これだけでも十分信頼できそうですが、なぜi-smile(アイスマイル)が怪しいと思われてしまうのでしょうか。理由はさまざまですが、大きくわけると英語教材そのものに対する不信感とi-smile(アイスマイル)に対する不信感があるでしょう。それぞれを詳しく説明していきます。

英語教材そのものに対する不信感

英語教材そのものに対する不信感

まずi-smile(アイスマイル)に対する直接的な不信感ではなく、英語教材そのものに対する不信感です。口コミなどを見ていると以下のものが多く見られます。

理由①英語教材ではスキルアップができないと思われている

ひとつは英語教材ではスキルアップができないと見られてしまっている点です。

「頑張ってもできない」

「言われていることをやっても上達している実感がない」

そうした理由から、結局英語教材はいいことばかりを言っているだけと思われてしまっているんですね。残念なことに英語が簡単に身につくメソッドだと言っておきながら、実際には難しいことを要求するような本当に詐欺的な教材もあります。

このような積み重ねによって不信感が生まれてしまい、i-smile(アイスマイル)のような本当にいい教材も怪しまれてしまっているんですね。これは英語教材を販売する業者側が招いた問題であり、不信感を抱く人が悪いわけではありません。

理由②英語教材をやっていても面白くない

英語教材に不信感を覚えてしまうもうひとつの代表的な理由が、教材が面白くないというものです。いくら素晴らしい教材なんですよ、と言っても勉強する人が面白くないと感じれば効果は半減します。

これは何も英語教材に限ったことではありません。テレビゲームもそうですし、スポーツもそうです。「やったほうが絶対いいよ」と友だちに言われて始めたものの、面白くなかったら苦痛でしかありません。そうなれば続けることはもちろん、上達するの無理な話になってきます。

ところが、今までの英語教材はなぜかこの面白さを重視していない。英語教材=面白くない=続かない=上達しない=不信感となっているのは、起こるべくして起きたことかもしれません。

i-smile(アイスマイル)に対する不信感

i-smile(アイスマイル)に対する不信感

次の理由はi-smile(アイスマイル)という英語教材に対する不信感というものです。そう思われてしまう理由はふたつあります。口コミを交えながら紹介してきましょう。

理由③i-smile(アイスマイル)が簡単に上達すると言っている

「i-smile(アイスマイル)は1回15分のドラマを見るだけって言っているけど本当?」

「そんな簡単なら誰でも話せるようになるんじゃないの?」

簡単に英会話がマスターできると謳うサイトもあるためか、このような意見が多くあります。特に今まで英語教材で上達できなかった人は「この手のものは結構ある」と半信半疑になっていて、なかなかi-smile(アイスマイル)に手が出せずにいるようです。

理由④i-smile(アイスマイル)が2か月で話せるようになると謳っている

「2か月はさすがに言いすぎだと思う」

「そもそも何をすれば効率よく上達できるのかな」

i-smile(アイスマイル)では、2か月継続するとネイティブと難なく英会話ができるレベルにまでなれる、と謳っています。これはちょうど学生の夏休みくらいの期間。長期休暇に入るまで英会話が苦手な友人が、9月に学校で会ったら英語をペラペラ話せているんです。仕事帰りに頑張って英会話教室に通っていた人なら、なおのこと怪しいと思ってしまうのも無理はないでしょう。

i-smile(アイスマイル)の会社はどうなの?気になるその実態

怪しい…その理由は4つ

怪しい…その理由は4つ

英語教材のi-smile(アイスマイル)が怪しいと思われてしまう理由を探ってきました。一度ここでまとめてみます。

理由①英語教材ではスキルアップができないと思われている

理由②英語教材をやっていても面白くない

理由③i-smile(アイスマイル)が簡単に上達すると言っている

理由④i-smile(アイスマイル)が2か月で話せるようになると謳っている

次章からはそれぞれの理由に対して、i-smile(アイスマイル)は実際のところどうなのかについて解説していきます。

英語教材の弱点を克服したi-smile(アイスマイル)

英語教材の弱点を克服したi-smile(アイスマイル)

英語教材に対する不信感として「スキルアップできないと思われている」ことがあげられました。これに対してi-smile(アイスマイル)は、1回15分という短いドラマを採用することで対策しています。

1回15分の短いドラマで集中レッスン

そもそも人間の集中力というのは30~40分、長くても1時間持たないと言われているんですね。英会話の本で勉強している人なら集中力を保つのがいかに難しいかわかると思います。英会話のレッスン時間も大体が1時間超となっていて、習ったことを全部一からインプットできている人はなかなかいないでしょう。

一方で、i-smile(アイスマイル)の勉強内容は1回15分の英会話が収録されたドラマを見るだけ、というとてもシンプルなものです。集中力が切れてしまう前にレッスンが終わるので、最初から最後まで記憶にとどまりやすいんですね。

アウトプットもしっかり

またドラマが終わると、アウトプットする時間があるのもi-smile(アイスマイル)の特徴です。語学の学習では聞いて覚えるだけでなく、口から出すことで自分のものになっていきます。学んだ英会話を集中力が切れる前にアウトプットさせるから、これまでのレッスンでは考えられなかったほどにスキルが確実に上達していくんです。

i-smile(アイスマイル)は面白さを追求した英語教材

i-smile(アイスマイル)は面白さを追求した英語教材

ふたつ目の理由で「面白くない」というものをあげました。これは語学を学習する上で本当に欠いてはならないポイントです。i-smile(アイスマイル)はこれに対して、本格的なドラマを制作することでクリアしています。

プロの会社とプロの俳優による本格ドラマ

i-smile(アイスマイル)のドラマは、民放でドラマを制作している会社が脚本や撮影、編集などの全面協力を得ながら作られているんですね。採用しているのもプロの俳優で自然な演技を見せてくれます。

実際にやってみるとわかるんですが、このドラマがとても面白いんですよ。語学用のドラマとは思えないくらいのクオリティで続きがどんどん気になるんです。

あと見ているだけで楽しいので、いい意味で「さあ、レッスンを受けるぞ」という気合いを入れる必要がないのも魅力。教室に通わなくちゃ、教科書を開かなくちゃ…というあの億劫な感じがないので、習慣として取り入れやすくなっています。

日常英語でわかりやすい!

さらにi-smile(アイスマイル)は、日常でスムーズにコミュニケーションが取れるように比較的簡単な英語が採用されています。中学レベルの英単語がわかっていれば、ドラマの英会話が理解できるように作られているんです。

実は普段の会話で必要な英単語のほとんどは、中学校の英語で習ってしまうんですね。高校に入った途端、英語の授業についていけなくなった人でも、それほど苦なくレッスンを受けられるのがこの英語教材の特徴です。

i-smile(アイスマイル)で簡単に上達するのにはワケがある

i-smile(アイスマイル)で簡単に上達するのにはワケがある

口コミでは「i-smile(アイスマイル)が簡単に上達すると言っていて怪しい」というものが散見されました。このレッスンを受ければメキメキとレベルアップするのにも、ちゃんとしたワケがあります。以下にご紹介していきましょう。

徹底して語学学習用に作られている

と言っても実はとても単純な理由で、i-smile(アイスマイル)のドラマが語学学習用に作られているからなんですね。この語学学習用というのがいまいちピンと来ない人もいると思います。簡単に言うと通常のドラマや洋画にあるような、間違った文法で表現したりスラング(俗語)を使ったりしていないんです。

語学用と娯楽用の違い

要するに日本で言う略した言葉や若者言葉的なものが使われているんですね。ただどちらがいい悪いの話ではなく、娯楽用と語学用の違いです。

一方でi-smile(アイスマイル)のドラマは最初から最後まで、ネイティブに正しく伝わる英語だけなので基礎がしっかり身につきます。つまり見て聞くだけで汎用性のある英会話術が身につく。それでいてドラマは楽しく継続しやすいものであるので、簡単かつ着実にスキルアップできるんです。

i-smile(アイスマイル)を受けた人がどう変わったのか調べてみた

i-smile(アイスマイル)を使えば2か月でスキルアップできる謎

i-smile(アイスマイル)を使えば2か月でスキルアップできる謎

i-smile(アイスマイル)では、2か月続けてレッスンを受ければネイティブとスムーズにコミュニケーションが取れると言われています。確かにこれだけ聞くと怪しい…と思ってしまいますが、これにも理由があるんです。そのメソッドを詳しく解説していきますね。

スマート字幕

英語教材i-smile(アイスマイル)の大きな特徴のひとつが、スマート字幕の採用です。これを見ながらドラマの英会話を聞くことで、日常のフレーズの意味など英会話を話す上で欠いてはならない要素が、効率よく頭にインプットされるようになっているんですね。どの程度効率がいいかと言うと、教科書や英単語帳などのテキスト学習の2倍と言われています。

マサチューセッツ工科大学が提唱

これはi-smile(アイスマイル)を作る会社が独自に編み出したものではなく、アメリカのマサチューセッツ工科大学の理論に基づいています。ノーベル章受賞者を80人以上輩出し、7年連続で世界大学ランキング1位を獲得するという名門中の名門校が提唱しているので、スマート字幕がもたらしてくれる勉強効果は嘘ではないとはっきり言うことができますね。

i-smile(アイスマイル)をやってみて感じたことを大暴露

おわりに

おわりに

「i-smile(アイスマイル)は詐欺なんじゃないの?」「そもそもこの手の英語教材って信じられないんだよね」という意見から、ここまでi-smile(アイスマイル)について詳しく解説してきました。

改めて言いますが、i-smile(アイスマイル)は詐欺教材ではなく本物です。その理由のひとつは、これまでの英語教材が持つ「スキルアップできないと思われている」「面白くない」という欠点を克服していること。もうひとつは「簡単に上達する」「スピーディーに英会話術が身につく」のには、それぞれきちんとした理論に基づくものだということが挙げられます。

実際不信感を持っていた人でも、レッスンを受けると「効果は嘘じゃなかった!」「もっと早く始めればよかった」と言っているんですね。この記事が安心してi-smile(アイスマイル)を始めるきっかけになったら嬉しいです。

i-smile(アイスマイル)の効果をもっと上げるための方法